仕事着として活躍をするドレスシャツ

ドレスシャツとは、スーツの下に着るようなシャツのことを言い、普段着として着るカジュアルシャツに対して呼ばれている名称です。ワイシャツとも呼ばれることがありますが、白をはじめとして薄い色の水色やピンク、黄色などの色味の生地で作られていることも多く、また縦ストライプやチェックなどが織りで模様として入っているものもあります。基本的には綿素材となるのですが、洗濯をしてもシワが寄りにくいポリエステル素材も人気があります。一般的なシャツとなると、MやLといったサイズで選ぶことになりますが、ドレスシャツになると首周りの長さと袖丈でサイズを決めるというのが特徴的です。

ドレスシャツは、衿元にネクタイを装着することにもなるので、第一ボタンが緩いとなればネクタイをギュッとしめると布が引きつれてしまいます。逆に、きつくて第一ボタンが閉まらないとなると、ネクタイをすると第一ボタンの間に肌が見えてしまうことにもなります。そのために、襟ぐりの長さはジャストサイズで選ぶ必要があります。また、ドレスシャツの上にジャケットを着た時には、袖口にちらっとシャツが見えるという形が美しいスタイルとされています。

つまり、シャツの長さは1センチでも違うとジャケットの着丈とのバランスで格好が悪くもなってしまいます。裄丈は、肩幅の半分に袖丈をプラスした長さとなり、ジャケットとのバランスが非常に重要であるということを理解しておく必要があります。ドレスシャツの通販のことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です